トップ スイーツのお店探検隊について 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




スイーツのお店探検隊スイーツ有名店とパティシエ > 高木康政(ル・パティシエタカギ)

高木康政(ル・パティシエタカギ)


高木康政(ル・パティシエタカギ)の画像

高木康政は、1966年生まれ、東京出身のパティシエです。小学校4年生のときに、マドレーヌをつくり、それをきっかけにパティシエを目指します。調理師学校で有名な辻調理師学校に行き、その後フランスに行き、研修してきます。

帰国後、「マルメゾン」「ホテル西洋銀座」で修行をうみ、再度フランスへ。26歳のときに、「ガストロノミック アルバジョン」で最年少優勝を獲得します。4年間修業したのち、日本に帰国し「レ・サヴール」で働いたのち、2000年に「ル パティシエ タカギ」をオープンします。2002年には、「ル ショコラティエ タカギ」をオープンしました。

「ル パティシエ タカギ」「ル ショコラティエ タカギ」は東京・横浜を中心に全6店舗あります。ケーキはもちろんのこと、チョコレートを扱っています。

チョコレートは高木康政にとって、とてもこだわっている食材です。チョコレートは、カカオ豆の中の種から作られます。高木自ら海外に行きカカオ豆を探してくるそうです。チョコレートは、カカオ豆の種類、焙煎方法、製造方法によって、味や風味が異なってきます。

チョコレートを知り尽くし、意外なチョコレートを作っているの人が、高木康政ではないのでしょうか。日本のチョコレートは「甘い」「苦い」のチョコレートがほとんどです。しかし、高木康政が作るチョコレートは「酸っぱいチョコレート」なのです。チョコレートはカカオの割合によって味が異なってきます。配分を変えるだけで、色々な味のチョコレートが作れるのです。

他にも、「スパイシーなチョコレート」を作るためにチリペッパーを使ったり、「香りがあるチョコレート」を作るためにバラの香りを使ったりと、斬新なアイデアで、日本に新しいチョコレートを提供しているのです。


スポンサードリンク
スイーツのお店探検隊について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。