トップ スイーツのお店探検隊について 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




スイーツのお店探検隊スイーツ > ガレット・デ・ロア

ガレット・デ・ロア


ガレット・デ・ロアの画像

ガレット・デ・ロアは、フランスの伝統的なお菓子です。ガレット・デ・ロアは、古代ローマ時代からあるお菓子で、豆を入れたケーキを宴の席でふるまわれ、豆が当たると宴の王として扱われていました。

現在は、キリスト教の祭日「公現節」1月6日に家族でガレット・デ・ロアを切り分けて食べています。昔は豆を使っていましたが、現在はソラマメの意味の「フェーヴ」と呼ばれる人形を入れています。フェーヴが当たった人は、祝福され、1年間幸せに暮らせるといわれています。

ガレット・デ・ロアは、パイにアーモンドクリームが入っており、ケーキの上に紙の王冠をのせます。フェーヴが当たった人はこの王冠をかぶるのです。ガレット・デ・ロアは、人数分に切り分け、その中の一番小さい子供に、配らせます。

フランス人はこのガレット・デ・ロアを食べないと1年が始まらないといわれるほど、フランス人の生活に定着しているお菓子なのです。通常1月1日の14時に売り出されています。最近では、日本でもガレット・デ・ロアを売り出すケーキ屋も増えています。

ガレット・デ・ロアの模様は、様々な模様があります。四葉や、退場、オリーブ、麦の穂など色々なデザインがあります。ガレット・デ・ロアは、シンプルなお菓子ですが、それゆえに難しく、フランス最優秀技術者検定試験の課題になっています。

ガレット・デ・ロアは、公現節の習慣がある地域では形は違いますが、食べられています。アメリカ南部ドイツ、ポルトガル、マドリード、メキシコなどでもガレット・デ・ロアは食べられています。中に入れているフェーブは、人形だけではなく、おもちゃや、金貨、指輪など様々なものを入れています。


スポンサードリンク
スイーツのお店探検隊について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。