トップ スイーツのお店探検隊について 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




スイーツのお店探検隊スイーツ > シュトーレン

シュトーレン


シュトーレンの画像

シュトーレンは、ドイツの伝統的なお菓子です。発祥は、ドイツのザクゼン州・ドレスデンと言われています。シュトーレンは、トンネルのような形をしており、周りに粉砂糖がまぶしてあります。ドライフルーツをブランデーなどにつけておき、たくさんのバターを入れ、焼いたパンのようなものです。かなり長期間、日持ちするように作られています。

ドイツでは、クリスマスの1カ月ぐらい前からを「アドヴェント」と呼んでいます。このアドヴェントの期間、毎週末ティータイムのときに、このシュトーレンを細く切っていただきます。ドイツでは、クリスマスというとクリスマスケーキではなく、このシュトーレンが一般的です。作り始められたのは、14世紀ごろといわれていて、昔から作られているので、作る型も100年ぐらい前のものも存在するといわれています。

最近は、クリスマスの時期になると日本のケーキ屋やパン屋でも販売されているところが増えてきました。しかし日本のシュトーレンは、パンというよりもお菓子に近いものになっています。生地もパサパサのものが多いです。しかし、ドイツのシュトーレンは、生地は発酵したパン生地を使っているので、しっとりしています。

そして、熟成させるように作られています。ですから、最後の頃は、最初の頃と味や風味が異なってくるのです。大きさも、日本とドイツでは異なります。日本のシュトーレンはそれほど大きくなく200~300gぐらいですが、ドイツのシュトーレンは500~1000gぐらいの大きさがあり、抱きかかえるほどのサイズになっています。


スポンサードリンク
スイーツのお店探検隊について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。