トップ スイーツのお店探検隊について 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




スイーツのお店探検隊スイーツ > ウェディングケーキ

ウェディングケーキ


ウェディングケーキの画像

ウェディングケーキは、古代ギリシャ時代から作られていて、その当時は、ジンジャーブレッドなどのケーキでした。次第に、バターや砂糖、卵や木の実、フルーツなどが入ったケーキとなりました。18世紀後半になると、イギリスでは、焼いたケーキに装飾をするようになり、人形や造花などを飾った現代のウェディングケーキの原型になりました。そのころは1段のケーキでしたが、19世紀中ごろになると、3段のケーキになりました。

一番下のケーキは、披露宴のゲストに、中段のケーキは、披露宴を欠席したゲストに、上段は最初の子供が生まれた時か、結婚1周年のときに食べられました。

現在、結婚式で新郎新婦が、ケーキ入刀をし、お互いに1口ずつ食べさせるという儀式を行います。これは、「最初の共同作業」「最初の食事を分かち合う」という意味があるそうです。近年は、一段の生ケーキや、新婦の手作りのケーキ、フランス伝統のウェディングケーキ「クロカンブッシュ」のなどをふるまうのが人気のようです。

フランスの伝統的なウェディングケーキは、「クロカンブッシュ」です。「ごつごつした木」という意味です。小さなシュークリームをツリーのように積み重ね、飴などで固めたケーキです。フランス語で「シュー」は「キャベツ」という意味です。赤ちゃんはキャベツ畑から生まれると、欧米では言われています。ですから、子孫繁栄などを願ってシュークリームを積み上げるようになったとも言われています。高ければ高いほど、豊かになれるといわれています。


スポンサードリンク
スイーツのお店探検隊について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。