トップ スイーツのお店探検隊について 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




スイーツのお店探検隊和菓子 > 和菓子の種類

和菓子の種類


和菓子の種類の画像

和菓子の種類はとてもたくさんあります。大きく分類すると、生菓子・半生菓子・干菓子の3つに分類することができます。

生菓子には、おはぎや道明寺、柏餅なの「もち菓子」、ういろう、蒸しまんじゅうなどの「蒸菓子」、どら焼きや、桜餅、金つばなどに「焼き菓子」、羊羹などの「流し菓子」、ぎゅうひなどの「練り菓子」、あんドーナッツ、揚げげっぺいなどの「揚げ菓子」があります。

半生菓子には、最中や鹿の子などの「おか菓子」、茶通や桃山などの「焼き菓子」、甘納豆などの「砂糖漬け菓子」などがあります。

干菓子には、らくがんや懐中しるこなどの「打ち菓子」、塩がまなどの「押し菓子」、ひなあられやおこし、五家宝などの「掛け菓子」、丸ボーロなどの「焼き菓子」、有平糖などの「あめ菓子」、かりんとうや揚げ豆などの「揚げ菓子」、いり豆などの「豆菓子」、あられやせんべいなどの「米菓」があります。

和菓子は行事に合わせて色々なものがあります。鏡開きなどのお餅は「おしるこ」に。節分には「福豆」、ひなまつりには「菱餅」や「雛あられ」、彼岸には「おはぎ」、端午の節句には「ちまき」「柏餅」、十五夜には「お団子」、七五三には「千歳あめ」、年末には「餅」をついたりします。これ以外にも、和菓子はお客様が来たときの御もてなしや、お土産などで食べられています。

和菓子はこのように日本の伝統行事や生活に密着したお菓子で、日本人にとって、きっても切れない関係なのです。


スポンサードリンク
スイーツのお店探検隊について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。