トップ スイーツのお店探検隊について 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




スイーツのお店探検隊チョコレート > チョコレートの材料と健康の効果

チョコレートの材料と健康の効果


チョコレートの材料と健康の効果の画像

チョコレートの材料となるのがカカオ豆です。カカオ豆はカカオの実の中にある種のことです。カカオは年間平均気温27度以上、高温・多湿の地方でしか栽培できず、主な産地は西アフリカ、東南アジア、中南米になっています。普通は枝に実がなるのですが、カカオの実は幹にも実がなり、ちょっと変わっています。ほとんどの地域で2期作で作られています。

カカオの実は長さが20センチぐらいでラグビーボールのような形をしています。中には30~40粒のカカオ豆が入っています。実から取り出されたカカオ豆はバナナの葉でつつんだり、木箱に入れたりして発酵させます。その後、天日干しされて、輸出されます。

カカオにはクリオロ種、フォラステロ種があり、これを交配してつくられたのがトリニタリオ種があります。ほとんどのメーカーはいくつかの種をブレンドしてチョコレートを作っています。

カカオには「ポリフェノール」が含まれています。このポリフェノールは、動脈硬化を防いだり、ガン予防の効果もあります。また、ストレスの抵抗力が強くなったり、アレルギーの原因物質の働きを抑える効果もあります。他には、細菌の繁殖を抑制する、虫歯の進行を抑える、集中力・注意力・記憶力が上がることも確認されています。ポリフェノールは赤ワインにも含まれていることは有名ですが、チョコレートは赤ワインよりも多くのポリフェノールが含まれているのです。

チョコレートには、ポリフェノールだけではなく、カルシウム、鉄、マグネシウムなども含まれています。チョコレートは甘いだけのお菓子ではなく、栄養素も含まれているのです。


スポンサードリンク
スイーツのお店探検隊について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。