トップ スイーツのお店探検隊について 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




スイーツのお店探検隊チョコレート > チョコレートの歴史

チョコレートの歴史


チョコレートの歴史の画像

チョコレートは、カカオが原材料となっており、これに砂糖・ココアバター・粉乳などを混ぜて作られたスイーツです。チョコレートは「チョコ」ともいわれ、漢字では「貯古齢糖」と書きます。

チョコレートの原料のカカオは紀元前2000年ごろから栽培されていました。主な栽培地は中央アメリカやメキシコでした。16世紀にコロンブスがアメリカ大陸に発見してスペインに運ばれました。その後、「チョコラテ」と呼ばれるようになり「チョコレート」の語源になったといわれています。

16世紀以降、ヨーロッパでチョコレートが広がりましたが、このころは固形のチョコレートではなく、チョコレートは飲むものでした。19世紀に入り、食べる固形のチョコレートが販売されるようになりましたが、まだ苦いチョコレートでした。その後、ミルクチョコレートが発明され現在のチョコレートの原型になりました。

日本にチョコレートが入ってきたのは、18世紀の江戸時代だといわれています。長崎で貿易が始まりオランダから入ってきたといわれています。この当時は「しよくらあと」と呼ばれていました。日本初のチョコレートは19世紀風月堂が製造しました。第二次世界大戦により、カカオの輸入が禁止になり、チョコレートの生産がストップしましたが、第二次世界大戦後、アメリカ兵によりチョコレートが輸入されるようになりました。

現在は、色々な種類のチョコレートが販売されており、安価なものから高価なものまであります。


スポンサードリンク
スイーツのお店探検隊について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。